うつ病は、こころとからだの痛みがあります。

ハート

うつ病と睡眠障害

うつ病は、さまざまな症状が現れます。
これまで、紹介したように、大きくわけるとこころの症状とからだの症状があり、からだの症状に関しては頭痛や胃痛など痛みが伴うこともあります。
その中でも、うつ病と大きく関係しているのではないかと言われているのが、睡眠障害です。
うつ病を患っている多くの人は、なにかしらの睡眠障害を訴えています。
例えば、寝付きが悪い、眠りが浅い、夜眠れないにも関わらず朝目覚めるのが早いといったことがあります。
ですが、難しいのが、うつの種類によっては、過眠といった症状が現れるケースがあるということです。
これは、最近認められるようになった非定型うつ病に見られる症状です。
そのため、診断が難しいのですが、どちらにも共通して言えるのが「気分が落ち込む」という点です。
それを前庭として、夜眠れるのか眠れないのかで、通常のうつ病なのか非定型うつ病なのか判断の目安にすることができます。

そもそも不眠は、うつ病を悪化させてしまう原因の1つとされています。
上記のような症状がある場合は、早めに医師に相談し、適切な対処を取ってもらうことが必要になります。

また、反対に不眠が続くことによって、うつ病を引き起こす可能性があることもわかっています。
うつ病そのものの発症を事前に防ぎたいのであれば、こういった不眠の症状が見られる時点で医師に相談するべきです。
対処法としては、睡眠薬を用いることがありますが、うつ病による睡眠障害の場合は、睡眠薬のみではなかなか改善されないケースがあります。
そのため、抗うつ薬などを併用しての治療を行う必要が出てきます。

睡眠障害のある人は、早期相談することが大切です。