うつ病は、こころとからだの痛みがあります。

ハートと医師

からだの症状

多くの人は、うつ病が「こころの病」として認識しています。
そのため、あまり知られていないのが、うつ病がからだの痛みを伴う病であるという点です。
なぜ、からだが痛くなるのかということですが、それは脳内物質が大きく関係しています。
脳内物質の中には、セロトニンはノルアドレナリンと呼ばれる物質があります。
これは、人間の身体に対してさまざまな役割を果たしている物質です。
その役割の中には、痛みを和らげる役割があります。
しかし、うつ病になってしまうと、このセロトニンやノルアドレナリンの量が減ってしまい、通常よりも痛みを感じやすくなってしまうのです。
つまり、正常であれば、感じないような痛みであっても、うつ病になると強く感じてしまうというわけです。

主な症状としては、頭痛や腰痛、胃痛、肩こり、手足のしびれなどが挙げられます。
もちろん、人によって痛みの度合いはさまざまですし、上記のほかにも多種多様な症状があると言えるでしょう。

この痛みを放置していると、こころにも影響を及ぼしてしまい、結果的に回復を遅らせることになります。
痛みそのものがストレスとなり、気分が落ち込んでしまうことがあるからです。

また、最初にも書きましたが、うつ病にからだの痛みが伴うことを知っている人が少ないです。
そのため、症状としてからだの痛みを感じても、うつ病の担当医に相談しない人が多いのです。
そうなると、適切な治療を受けることができません。そういったことによっても、回復が遅れてしまう可能性があります。
ですので、うつ病を改善したいのであれば、こころの症状だけではなく、からだの症状もきちんと医師に伝えることが大切なのです。