うつ病は、こころとからだの痛みがあります。

ブーケ

うつ病の治療

うつの治療は、大きくわけて二種類に分けられます。
それは、薬物療法と精神療法の二種類です。

薬物療法に使用する薬としては、いくつかの種類があります。
一般的には、抗うつ薬が知られていますが、このほかにも気分安定薬や抗精神薬、睡眠薬などが用いられます。
基本的には、気分安定薬を用いることが多く、症状に併せてほかの薬を組み合わせて服用するというケースが多いです。
ただ、うつ病の症状や種類によって、効果的な薬物治療が異なるので、しっかりと医師の診断を受けることが必要です。
そして、適切な治療を受けるためには、自分自身にどのような症状があるのかを把握することが大切です。
特に、からだの痛みに関しては、うつ病によるものと認識していない人が多いのが現状です。
しっかりとその点に関しても、医師に伝えるようにしましょう。

そして、精神療法ですが、これに関しても薬物療法同様にいくつかの種類があります。
心理教育、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法、電気けいれん療法などが挙げられます。
こころの治療とからだの治療、両方からのアプローチが必要になってくるとともに、生活習慣などの改善も必要になってきます。